« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

テーマは支援型リーダーの育成

2008年の点塾講座の参加をただいま募集中です!!

年間テーマは「新しい時代の支援型リーダーを育てる」

今年は、年間を通して新しい時代の支援型リーダーを育てることを掲げました。年間プログラムと多彩な講師陣による講座の開催、講座間のフォローアップを計画しています。

今年の点塾は、新しい未来を開く、共育・研究の拠点として活動していきます。

ご支援・ご参加をよろしくお願い致します。

↓↓講座案内↓↓

◆第一回 場の実学講座-情報生産と場づくり-◆

「創造的な集団の場を耕す」 

  言葉だけに頼らない会議に挑戦する。無意識を働かせて新しい情報を生み出す。

日   時:5月23日(金)10:00~24日(土)16:00

参加費:4万円(別途、宿泊費3千円、交流会費3千円、テキスト代2千5百円)

◆第二回 考働の実学講座-未来デザイン-◆

「未来の種を生み出す」 

  方法を考える前に、未来の視点から手の打ちどころを発見する。

日   時:6月27日(金)10:00~28日(土)16:00

参加費:4万円(別途、宿泊費3千円、交流会費3千円、テキスト代2千5百円)

◆第三回 事業の実学講座-トータルプロセスデザイン-◆

「実践に備える」 

  思いもよらない魅力的な成果が生まれる可能性を最大限にする。

日   時:10月17日(金)10:00~18日(土)16:00

参加費:4万円(別途、宿泊費3千円、交流会費3千円、テキスト代2千5百円)

◆ファシリテーショングラフィック講座◆

○第一回 6月7日(土)9:00~17:00

○第二回 9月6日(土)9:00~17:00

参加費:2万円(別途、交流会費3千円)

◆特別講座◆

○哲学塾 11月11日(火)9:00~17:00

講  師:清水博先生

○心をきたえるセミナー  ※日時は未定

講  師:柴田光栄先生

○秋のワークショップ道場 ※日時は未定

<お問合せ先>

点塾LLP(仮)準備室

電話:025-274-7755(博進堂内、小見まいこ)

メール:info@tenjuku.net

みなさまとの出会い・再会、学びと交流を楽しみにしております!

あちらにお任せ~

今日の新潟は、あっちぇーです。

佐渡の報告は、映画「降りてゆく生き方」のブログに載っていました。

面白い文なので、そちらをご覧ください・・・♪

(えへっ、手を抜いてますよね。ごめんなさい)

佐渡は宝島

先週末は佐渡に行ってきました!!

Dscf0575

佐渡の美しい里山と

うんめぇ~海の幸、山の幸、

Dscf0585そして、おもっしぇー人たちに出会ってきました!

佐渡、最高の島です。

詳しくは、あさってお知らせしますっ♪

みなさん、楽しい休日を!

山笑う点塾の森

今日は、2週間ぶりくらいに点塾に行きました~

森に行くと・・・

080424002 まぶしいほどの葉っぱたち。

一斉に若葉がひらいて、

森がにぎやかになったみたい!

すがすがしくて、ついつい

「ヤッホー」と言いそうになりました(笑)

(山でヤッホーと大声を出すのが好きな私。さすがにご近所迷惑ですよね・・・)

080424004 前庭のヨコの垣根には、

こんな可憐なお花がっ!

車の中からパシャリ。

こんなかわいいお花を咲かす垣根だったなんて、今まで気が付きませんでした・・・。

そんな点塾の森を見ていたら、こんな言葉を思い出しました。

『山笑う』

ベルメゾンの通販冊子で女優山口智子さんの文章に記されていた言葉。

春の芽吹きはじめた華やかな山のことを形容する言葉だそうです。

ちなみに、夏は山滴る、秋は山粧う、冬は山眠る。

なんて豊かで美しい日本語だろうとうっとりしました。

自然や森の微妙な変化を感じ、

それを表現する言葉をもつ日本人でよかったな・・・!

もっと、自然を感じる感性を磨こう。

そして、それを表現する日本語を磨こう。

そんなことを思った、雨の日の夕暮れでした。

新潟の価値とは?

日曜日は、新潟日報が主催する協育プロジェクトのスタッフとして、

佐潟に行ってきました~~!

協育プロジェクトとは、ともに学び、ともに新潟の未来を考えるというコンセプト。

新潟の人々の生き方、暮らし方、知恵を各地で掘り起こし、共有することで、新潟の価値を知り、新潟の未来を考えようというプロジェクト(たぶん・・・)で、

6月は山古志、8月は出雲崎、10月は佐渡、1月は上越で予定しているそうです。

塾長は、北川フラムさん。

初回は、佐潟を舞台に“新潟らしさ”がテーマ。

まずは、佐潟を知ろう!

ということで、潟と人が共生してきた佐潟の暮らしについてお話を聞きました。

地元のおばあちゃんが語る「映像紙芝居」を通して、潟に田んぼをつくり、潟を守ってきた方々の苦労とその知恵に感動!

自然に逆らわず、自然の声を聞いて生きてきた先人に学ぶことは本当に多いですね。

その後は、潟普請(かたぶしん)の体験。

潟普請とは、今でいう保全や掃除のことで、ゴミ拾いやドロ上げ、ヨシ刈り、ヤブ整備など。

最近は、地元の若い人たちが中心になってやっているそうですが、かつて日常的に行われていたそれを体験させていただきました!

潟舟に乗り、泥をすくい、その泥を肥料として田んぼにまくという流れ。

これがけっこうキツイのです。

昔の人は、泥沼を開墾し、その過酷な状況を生き抜いてきたのですよね・・・

ちょっとのことで、膝を悪くしたり、体調を崩す現代人の自分に反省。

でも、

潟の視線で、すいすいーーーっと風をきる潟舟は、気持ちがよかったデス。

その後は、桜吹雪の中、菜の花畑を見ながら、昼食。

お母さんたちの手づくりおにぎりのうんめぇ~こと!幸せですね。

のんびりもしていられず、午後は、ワークショップへ。

新潟らしさ・新潟の価値とは何か・・・をテーマに話し合いました。

参加者は、80名近く。

わいのわいのとにぎわいました。 080421012

私の班では、

水の豊かさ、水の恵み

が新潟らしさを育んでいるという話が出ました。

そして、それを守り、共生してきた土の人たちとその知恵がある・・・

080421027 それらを知り、若い世代へ伝えていくことが必要だ。

私たち全員が新潟のよさを自分の言葉で伝えられるようになろう。

と意見が飛び交いました。

080421028各班の発表を聞いて、

白井さんが同時進行でイラストを書いてくださいました。

とっても雰囲気があって、楽しそうな絵ですね~

同時イラストもこれから、ワークショップに取り入れていこうとスタッフで話していました。

新潟らしさとは何か、

その問いを私なりに深めていきまっす。

「新潟人でよかった」と

一人でも多くの人が思いますように・・・

プチリニューアル!

点塾のブログをプチリニューアルしました。

名前とデザインをちょこっとだけですが、、、

「“点ぷろぐらむ”という名前いいのに・・・」と何人かの方からお声をいただきましたが、少しわかりにくいということから

シンプルに「点塾ブログ」にしました。

これからは、みなさんにもっと参加してもらえるブログになるといいなと思っています。

応援、参加をよろしくお願いしまっす!

発送完了っ!

昨日今日と、共育通信「点から」の封筒づめをしました。

毎回恒例となっている、厨房で昼ご飯をつくってくださる3人に手伝ってもらいました。080416008

とっても手早い作業に、毎回感謝です。

今週末にはみなさんのお手元に届くでしょうか♪

お楽しみに~

演じるって楽しいね!

12日に長岡で開かれた映画「降りてゆく生き方」のオーディションの手伝いをしてきました。

呼ばれたから来た、そこで勧誘された、若い頃は女優を目指していた・・・

受付・控え室の担当だった私は、参加されたみなさんの声を聞いていました。

Dscf0263

「いろんな人がいて普通の人のオーディションって面白いな~」と思っていたら、

まちづくり俳優の森太熊さんに「まいこみちゃんも、オーディション受けようよ」と誘われ、背中を押してもらった、自称照れ屋の私もオーディションに飛び入り参加。

くじで引いたセリフを思い切って表現してみました。

始めは照れもありましたが、だんだん面白くなって本気になっている自分。

オーディションで新たな自分に出会えた感じです。

その後は、30秒でビデオに向かって自分をアピール。

10年ぶりにかつてやっていたフェンシングをやってみたりして、思いっきり楽しんじゃいました(^o^)/

Dscf0275 ←フェンシングをしている私・・・・(笑)。

20日は、上越。

26日は、佐渡。

まだまだあるので、みなさんもオーディションで演じる楽しさを味わってみてください♪

今日は、ちなみに点塾で映画の応援団ミーティングも開催されます。

こちらもあわせてどうぞ~。

オーディションがまちづくり

このブログ上でも何度か紹介した映画「降りてゆく生き方」

そのオーディションが明日4月12日(土)、長岡で開催されます!

3月1・2日新潟オーディションに引き続き、十日町、村上でも開かれました。

そして、明日が長岡、明後日が湯沢。

4月19日に上越、26日に佐渡で予定されています。

熱い思いと行動力でここまでネットワークを築いている、まちづくり俳優の森太熊さんを始め、スタッフのみなさんに感動(T_T;)

一人の力、一人の思いから始まり、大きな動きが生まれ、今新潟が新しいつながり方をしています!

「オーディションにより、映画づくりの仲間を3000人集めたい」という太熊さん。

オーディション自体がまちづくりになっているんですね。

オーディションの詳細は、チラシをリンクしておいたので、ご覧ください。

この動きに参加しないと、もったいない!お友だちをお誘いの上、ご参加くださいね。私も長岡に住むおじいちゃんとおばあちゃんに連絡しなくちゃ!

明日はスタッフとして参加する予定です。

お待ちしておりまっす!

長岡オーディション

湯沢オーディション

通信の完成間近!

新潟市は桜が満開。

昨日は一人で夜桜を楽しみました♪

今日やっとこさ、

共育通信「点から」創刊準備号を出稿しました!

点塾通信をつくろうと初めて話合いをしたのが2004年の秋。

いろいろなことがあり、4年を経てなんとか発行にこぎつけました。

みなさんのお手元には、来週末には届く予定。

今年度の講座案内も同封しておりますので、ぜひご覧ください!(^o^)!

うちにも送って!あそこに置かせてくれるよ!という情報がございましたら、お聞かせくださいね。

よろしくお願いします。

生活全体が研修に

毎年、Dsc00583 前庭には、つくしのじゅうたん。

森には、山桜の散り際の頃に行われる新入社員のシステムキャンプ。

今年も「弥栄(いやさか=ますます栄える)」のかけ声とともに、厳かに始まりました。

システムキャンプは、生活全体を研修の場としています。

なので、布団の搬入、炊事、掃除等など生活に関わる全てのことを自分たちでします。

Dsc00589 Dsc00591 Dsc00592

この写真は、野外炊事でのワンシーン。

野菜を切る人、火をおこす人、米を研ぐ人、味付けをする人、しつらえをする人・・・

野外炊事という出来事の中で、それぞれの性格、得意なことが見えてきます。

始めは、材料だったものが、ちゃんと料理になって出来上がる。

当たり前のことだけど、お互いをほとんど知らない人たちが、しかも野外でするとその感動と美味しさはひとしおです。

コミュニケーションをとりながら、お互いの仕事の積み重ねの中で、一つのものをつくっていく・・・

「仕事とおんなじだ~」と体感。

手前味噌ではありますが、本当に奥が深く、実の多い研修です。

今年もあと何回かやる予定があるので、またシステムキャンプについてはじっくりとご報告していきます♪

あなたの個性と役割は

昨日車を運転していたら、道のあちこちに、

梅、コブシ、レンギョ、スイセンが咲きほこっていました。080331034

いっせいに花が咲くこの季節。

あっという間にその旬は終わっちゃいますが「あっキレイ!」「いい香り~」とめいいっぱい楽しめる生活をしたいものです♪

←ちなみにこの梅は、亀田の梅まつりでの一枚。枝並の勢いに感動しました!

さて、今日から点塾で博進堂の新入社員システムキャンプです。

システムキャンプは、点塾の研修のベースとなるプログラム。

「不便を体験する」ことと「不便を楽しむ」ことを原則とする野外生活の形式で、グループごとに釜戸で飯盒をつかって料理をつくります。

その他にも班単位の活動があり、その中で、連帯意識が生まれ、一人ひとりの存在価値と集団内での役割を自覚します。

博進堂では、新入社員は必ずこれを受講。

今日と明日はその日なのです。

私はいつもこのキャンプで新入社員の方とともに、

新年度に向けて気持ちを新たにしています。

班活動の中で見える、一人ひとりの新たな一面を感じ取るのも楽しみです♪

同じ釜の飯を食べると、ぐっと距離が縮まりますよね。

これなんだ?

昨日、点塾でボケーッとする時間がありました。

ぼーっとするといつもと違うものが見えてきたりします。

080401021 おやっ、やさしそうな笑顔だな~」

080401020実は、これ

点塾で使っている電話機。

下から見ると・・・「六角形だったんだ~」080401023

080401025 実は、これ

点塾のアンティークランプのシャンデリア

近くで見ると「字が波うってるみたい~」080401035

080401037_2

実は、これ

点塾のロゴ

下から、近くから、見るだけでちょっとだけ面白い発見!

すこ~し違う角度からモノを見てみるのもイイですね~♪

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ