« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

一人ひとりが活きる場

今日のお昼は、会社近くの公園でランチ♪

芝生に一人でねっころがって、空を眺めながら風を感じていました。

もうすぐ「衣がえ」です~

さて、映画「降りてゆく生き方」の撮影が佳境に入ってきたようです♪

5月20日は、博進堂の印刷工場。

080521012 080521026

5月24日は、点塾で選挙ワークショップシーンの撮影がありました。

なんとも言えない緊張感と躍動感。

ミーハー気分で、じーーっと現場を見ていると、

いろいろな人たちのドラマ(場)づくりに目が奪われました!

全体を見て、エキストラを盛り上げる監督。

即興で最も面白い瞬間を撮るカメラマン

手をピクピクさせながら長~いマイクを持つ音響係さん。

役者のメイクや着替えを瞬く間に終わらせるメイクさんとスタイリストさん。

点塾の看板を塗りに来た美術さん。

ガムテープをいっぱいもっているADらしき人。(ADってなんだろう・・・)

その役に入り込み、演じる役者さん。

ドキドキしながら、自分の番を待つエキストラさん。

それを見守る、観客。マネージャーさん、プロデューサーさん。

舞台をつくる人、映し出す人、演じる人、見る人

多くの人が関わって舞台ってできるんですね。

------------------------

「役割のない人なんていない。あなたのままでOK!」

「場はみんなでつくるもの、育てるもの」

という先週末の点塾での参加者の言葉を思い出しました。

------------------------

誰か一人がヒーローでも、ヒロインでもない。

みんなが主役の映画づくりを目にした、又とない機会でした。

学校にも種まきを

今日は、雨がしとしと。

こんな日は、もの思いにふけってしまいますね。

さて、昨日は、朝から打ち合わせでした。

点塾スタッフの4名が、

新潟県PTA研究大会の分科会を担当させていただくことになったのです。

テーマは、「ファシリテーション研修」

PTAの会議をもっと楽しく、創造的にするための研修です。

100人規模の分科会での“ファシリテーション研修”なので、

PTAをもっと面白くする種まきになるもしれませんね~。

他には、学校の教務主任や研究主任の新任研修でもファシリテーション研修をしています。

今年で、3年目で点塾スタッフの2名が中心に進めています。

打ち合わせで訪れた中学校では、

教育課題や学校計画づくりに、ファシリテーションを活用してみたとのこと。

例年よりも活発な意見出しがなされ、先生方に当事者意識も芽生えたそうです。

学校やその周りにも、どんどんファシリテーションの輪が広がってきています!

その種まきと、水やりをし続けていくことは、点塾の使命なのでしょうね。

場は生きている

5月23日(金)朝10時

半年ぶりに、点塾のホールは、少し厳粛な雰囲気と緊張感で溢れていました。

「あんそろじい」とともに、

総勢15名(スタッフ)の場づくりが始まります。

午前中は、場づくりゲーム。

点塾の定番のゲームで緊張した顔がほころんでいきます。

080527020 午後のインタビューゲームでは、ねっころがったりして、思い思いの姿勢や場で聞いたり、書いたり、まとめたり・・・

情報生産をしながら、テーマの場づくりをどんどん深めていきます。

夜は、大交流会!

080527067 おいしいご飯とお酒が並びました。

点塾の夜は長い!

夜な夜な熱~~く語った参加者の方もいたようです。

初めて会ったとは思えない程の仲間になれました。

二日目は、あんそろじいの輪読とストレッチ。

小鳥のさえずりと葉っぱがすれる音を聞きながら心地よい時間が流れていきます。

080527072 ファシリテーショングラフィックで、

「円滑な場づくりをする定石を探る」話し合いをしました。

みんなが求める心地よい場とはなんだろう・・・

という話から

具体的な話やアイディアも出てきました。

080527114最後は、映画「降りてゆく生き方」のために新潟入りしていた

べてるの家のみなさんより、

べてるの場づくりについて特別にお話をお聞きしました。

「弱さを分かち合うことが、安心の場をつくる」080527123

という言葉が心に残っています。

生きている場をいかに、生かし、育てることができるのか。

生きているからこそ、

場づくりは難しい。

でもその分、反応も大きいし、楽しい。

そんな場づくりを深め、一人ひとりに“問い”のおみやげを残した二日間でした。

点塾ドラマのはじまり〜

つ、ついに2008年の点塾年間講座が始まります。

明日からは、場の実学講座〜場づくりと情報生産〜編です。         
鹿児島、東京、福島、新潟から参加があります!
            今回参加される方は、平均年令が低く女性が多いようです。         
ビジネスマンの中で浸透してきたファシリテーターが、地域や学校などでも広がりつつあるのでしょうか!社会が変わってきたんだなと感じました。

さぁて、どんなドラマが生まれるのでしょうか!

出会いと再会が楽しみです♪

場が問題?

今日は、肌寒いというのに・・、

昨日はまるで夏が来たかのようなお天気でした。

点塾の森にいると、

080520003

今にも

「ミーーンミーーン」

という鳴き声が聞こえてきそう!

080520006 森の中をウロウロしていると・・・

炊事場の上の屋根から

「葉っぱが生えてる♪」

しかも親子みたい(^o^)/

台に上ってよーーく見てみると、

葉っぱがついた木の枝が横たわっていて、そうだよね・・という感じ。

でも、ちょっと癒されました。

昨日の夜は、区役所で地域福祉に携わる職員の方々のワークショップ。

080520012「普段元気がないんです」

「みんなが何を考え仕事をしているのかわからないです」

という担当者の方の声。

始まってみると、笑いの耐えないにぎやかな場。

みなさん問題意識をもってかなり盛り上がっていました。

元気がないのは、本当の自分を表現する場がないため。

お互いの考えがわからないのは、じっくり話す共有の場がないため。

一人ひとりが問題なのではなく、

場がないことが問題なんだな・・・と感じた2時間でした。

エントツが宝物?!

「“三色のエントツ”・・・」

水と土の芸術祭新潟市の東区の宝物データマップを見ていたら、こんなデータがありました!

Dsc00973

地図をじーっと見ていると、

この位置はなんと博進堂の場所・・・

それでは、この三色のエントツとは当社の駐車場にあるアレですか?!

Dsc00997 そうそう、コレですよ!

Dsc00999

近くで見ると、こんなです!

この印刷三原色エントツが東区の宝物に挙げられているなんて、

なんとも誇らしいですね~

ちょっと見る目が変わっちゃいました♪

映画づくりは社会づくり!

5月13日(火)昼下がりも過ぎたころ、

このブログでの何度か紹介した

映画「降りてゆく生き方」の制作発表会が新潟市でありました。

私はオリエン隊(「降りてゆく生き方」応援隊の略)としてお手伝い!

発表が始まるまでの時間に旗をつくったり、のぼりをつくったり、

まるで文化祭の前夜のようでした。

080515012_2 080515013 080515024 

“市民でつくり、市民で盛り上げる、前代未聞門の制作発表会にしよう!”

と会場設営もオリエン隊でやりました。

080515022_2 080515020オリエン隊の一員である、NAMARAのバルーンアーティストのminaさんも会場の飾り付けに尽力してくれました!

この大きな旗はスタッフみんなで応援メッセージを書いたもの。

それぞれの映画に対する思いで溢れています。

主演の武田鉄矢さんや助演の森太熊さん、倉貫監督、制作会社の磯村さん、プロデューサーの森田さん、そして新潟市長、この映画のエグゼクティブプロデューサーである点塾塾長の清水義晴さん、オリエン隊長の長崎忍さん

が会場に入場すると、一気に歓声が沸きました。

Rimg0178 武田鉄矢さんが大好きな市民の方々が集まっていました。

おしくらまんじゅう状態で、かなりの熱気。

080515039 

武田鉄矢さんの挨拶を始め、制作発表会の様子を私は先輩といっしょにファシリテーショングラフィックで記録することに。

Rimg0239 こんなに緊張して、手に汗にぎりながらのFGは初めて。

少しでもいいショットを撮ろうとする記者の方々と格闘しながら、なんとか書きました。

080515042 書いたものはコレ。

真中を空けておいたら、見事にバシっと言葉が入りました。

「人間の原点を見直そう」

「つながりづくり、関係づくりからまちづくり・国づくりへ」

「弱いところ小さいところ遠いところから、社会を変えよう。」

この映画が伝えたいこと、この映画を通してやりたいことが、みんなの心に届いたかしら。

でも、これは出発点。

映画づくりのプロセス自体がつながりづくり・関係づくりなのですが、

この映画が出来上がってもその灯火は続いていくのだと思います。

近くにあった宝物

昨日は、朝の9時から12時まで

点塾にある長潟地域のまち歩きに参加してきました。

少し肌寒く、途中で雨も降り出す天気でしたが、地域のみなさんと一緒におしゃべりをしながら楽しく参加してきました♪

080512026長潟には“旦那様”と呼ばれる大きな屋敷がいくつかあり、その一つの小沢邸にいきました。

そこにあったのは、なんとも大きな太いけや木の木。

「樹齢400~500年くらいかな・・・ちょうど直江兼続が活躍している頃だね」という話に耳を傾けながら、

けや木が見てきた地域の景色と人々の暮らしを思い浮かべました。080512029 

ここは点塾から徒歩5分くらいのところ。

なんとも、雰囲気があるくねくねの小路を歩いていくと大きな屋敷と大きな木が連なっているのです。

知らなかった・・・・。

この後も、弁天の松、鳥屋野潟の一本松、三徳神社、天寿園・・・と話をお聞きしながら歩きました。

発見と喜びの連続。

いつも何気なく車で走っている風景に、こんなに面白い物語があったなんて!!

点塾のこともみなさんに紹介し

「こんな素晴らしい施設があったなんて、知らなかったよ~今度遊びにくるね」と言ってもらいました。

3時間のまち歩きで膝はちょっとばか痛みましたが、その分得たものは大きい一日でした~(^o^)/

地域の学びの拠点に

しばらく書き込みができませんでした。

ゴールデンウィーク中に、まちづくりでお世話になった方が急逝され、心の整理ができなかったからです。

大切な方を失うと、心にぽっかり穴があき、力が入りませんでした。

でも、時間が少したつと、山がお好きな方だったので「今度は登山のときに頂上で会えるかな・・・」と思い元気を出しています。

心より、ご冥福をお祈りします。

今週の日曜日は、点塾のある長潟地域のまち歩き。

私も参加することになりました。

そして、長潟のまち歩きコースの一つに点塾を入れてもらえることに・・・

日曜日は、点塾の森へ地域のみなさんをご案内する予定。

今でも地域の方には利用してもらったり、協力してもらったりしていますが、

点塾がもっと身近な地域のみなさんの交流の場、学びの場になったらいいですね~

一つの命の集まり

今日は玄人工房さんが点塾をお掃除をしてくださる日。

点塾に行くと10人くらいの方々が

草むしりをしたり、落ち葉をかき集めたりしていました。

080502017みなさん、手馴れた手つき!

動きは無駄がなく、テキパキてきぱきっ。

服装は日よけ帽子や腕パットなどが格好いい!

若者には出せないオーラと技ですね。

080502010_2 後藤さんに呼びかけられて

見てみると、、、

「どんぐりが根をはってる~!」

秋に木からコロコロポトンっと落ちたどんぐりが、

こないだは芽を出していて、

ついに大地に根をはっていました(^o^)

その生命力に目を見張りました!

こうやって一つ一つの命が森をつくっているんですね。

080502021

その命の集合体である森は

日に日に緑がくっきりと、鮮やかになっています!

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ