« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

ドリーム委員会結成!

9月13(土)14:00〜点塾。
聞いてビックリ見てビックリのオモシロいイベントがあります。

タイトルは、
「夢想、妄想、あ〜想会」!!!!!

言葉を放して、おもいっきり楽しい夢を妄想しよう
といコンセプトの会。

やっかい学会、笑わんかい学会、ぼうふら学会、未来&妄想学会
という学会に別れて、トーキングをします。

このイベントは、
点塾の講座受講生の福ちゃんと
点塾スタッフの阿部さんが中心となって企画・運営しています。
講座でのご縁でこのような企画が実現して、嬉しい限り♪

その二人と私を含めた4人が”ドリーム委員”

このネーミングがたまりません!

先日は、ドリーム委員が集ってドリームミーティングを実施。
点塾内のレストラン「わ・わ・わ」でランチを食べながら、あーでもない、こーでもないとプログラムについて、
最近のおもしろい情報について共有しました。

Photo

これは、阿部さんがつくったチラシ。
手書きでほのぼのしていて、何かおもしろいことが起こりそうな予感が漂っています。

これからドリーム委員でこのイベントを盛り上げるべく、活動する予定。

また、随時報告していきます。

興味のある方は、ご一報くださいね〜〜

新たなプログラムを

かんかん照りの先週土曜日、にいがた塾が点塾でありました。

今回のテーマは、「場におけるコミュニケーション」。
場を意識すると、自分のあり方、相手との接し方がだいぶ変わってくるということが
じわーーーっとわかるような、気づくようなプログラムでした。

そーいえば、

若者の中で 「KY」=空気読めない

という言葉が一時流行しましたよね。
これは”場を感じて行動していない”ということなのでしょうか。

場を感じながら、全体を見ながらコミュニケーションをとることは、
若者文化でも意識されているということなのでしょうね。

かくいう私もおそらく若者の一員ですが・・・

他にもおもしろいプログラムを実践!

自分の好きなもの、こだわりの世界を表現する「偏愛マップづくり」
普段接していても知らないような、その人を形成する世界や本質が見えてきます。

私の偏愛マップは偏愛すぎて恥ずかしくて公開できません・・・

休憩では「最高の休憩時間をすごす」
ただ、なんとなく過ごすのではなく、点塾という場の中でいかに休憩する空間・時間がつくられるか。

これは、森で遊ぶ子、タバコ吸ってソファで寝転ぶ子、迷わず寝る子などさまざまでした。
人によって、自分を解放したり、休めたりする場は異なるのですね。

新入社員のみなさんのどんどん表情が変わってきて、
場のムードも高まっていきました。

他にも新たなプログラムがありましたが、これはまた今度紹介。

点塾ならではのプログラムにこだわりながら、
とらわれることなく、新しいこと、新しいプログラムに挑戦するわくわく感、面白さを感じた研修でした。

あっちぇー夏

おはようございます〜
新しい一週間が始まりますね。

部署異動による、ドタバタで更新を怠ってしまいました。

書きたいことはいっぱいあるのに、、、

Dsc01391

今朝も会社の玄関で「おはよう」と迎えてくれた朝顔。

この朝顔は、アーティスト日比野克彦さんが活動展開する明後日新聞社で採れた種。
当社の田沢さんが種を植えて、大切に育ててくれたものです。

「夏が来た」ことを教えてくれる代表的なお花ですよね。

先週末は、久しぶりに映画「降りてゆく生き方」を応援するオリエン隊の会議に参加〜
途中参加でしたが、県内各地で行われたロケ地のマップをつくろうと盛り上がっていました。

Dsc01397

それにしても、点塾の暑いこと!!
うちわや扇子では足りないようで、みなさんうなだれていました。

おもいっきり暑い(熱い)夏を楽しみましょう〜〜(^o^)/

心機一転

今朝は、ドッキドッキしながら出社。
実は、今日から経営部→研究部へ異動になりました。

先週末は、お引越。
4年間携わった資料や書類の山を整理しました。
「それにしても、いろいろなことしたな〜」
「あ、こんなところにあったんだ〜」
「なんじゃ、このきったないの〜」となつかしさと発見がいっぱい。

たまに、引越しすると片付いていいのかも。。
と思いながらもセンチメンタル。

お世話になった方々との別れ。
慣れ親しんだ場との別れ。

感慨深いものがありました。
本当に、育てていただいて感謝。
「ありがとうございました。」の言葉につきます。

今日からは、新しい部署で心機一転取り組みます。

まずは、macに格闘。
「右クリックがない!」
「へーーそうやってやるんだ〜」
と驚きの連続。

点塾の事務局からは離れますが、
スタッフとして点塾にこれからも携わっていく予定。

第二のステージで
点塾と関わり、共に育む共育の場づくり&支援型リーダーの育成に
挑戦していきたいと思います。

今後とも、ご支援ご指導をよろしくお願い致します。

ps。
もちろん!?このブログもこのまま続けさせていただきます。
ゆくゆくは、点塾スタッフと共有して更新していけたらと思っています。
コメントやご声援、いままで通りお待ちしております〜(^^)/

机上×実践=無限大?

点塾では、毎月、実行計画のふりかえりをしています。

先日、そのレビューの会を開催。

点塾メンバーでこれからの体制について、未来構想(ビジネスビジョン)について話をしました。

080709003

「新時代のリーダー“きらめく点”を養成する」という目的に照らし合わせて

「地域や企業にあったオーダーメイド教育を展開する」

というビジネスデザインが見えてきました。

これらをもんで、ビジネスデザインをメンバーできちんと共有し、展開する予定。

トータルプロセスデザイン(事業設計)など研修の場で学んだりしますが、

一つの事業をつくっていく過程は、机上で基本を学び、実践を通して身に付けるということが一番身になるな・・・(当たり前だけど)と感じました。

いろいろな場を通して、実践を通して、

もっと学ぶぞーー!!えいえいオーー!(^o^)!

思いやりと優しさに満ちた思草の輪をつくろう

昨日、新潟市の北の方にある地域で

「江戸しぐさを取り入れ、コミュニケーション豊かなまちをつくりたい」

という熱き思いに引き込まれ、会合に行ってきました。

昨年、報告していた市民大学「江戸しぐさ」の講座が終わり、そのメンバーで自主的にサークルをつくりました。

名前は、『えんで講~新潟しぐさ~』

新潟弁の「えんでいく」とは、歩いていくという意味。それに縁を大切にするという意味をこめた名前。

理念は「思いやりと優しさに満ちた新潟しぐさを伝承し、子どもたちに笑顔ある未来を!」

10名ほどのメンバーで、思いを語り、産み落とした名前と理念です。

この理念を引き下げて、活動をスタート!

昨日は、その活動の皮切りでした。

「子どもたちに伝えたいこと、伝えなければならないことってあるよね。それが指導ではなく、自然な形で伝わっていけばいいよね」

「しぐさは、大人が背中で子どもたちに伝えていくこと。子どもに伝えても、受け入れる大人もちゃんとしていかなくちゃだ」

「子どもだけでなく、若いお母さんにも伝えたい」

「この地域のしぐさにするためにも、年配の方に取材して知恵や独自のしぐさ・方言を入れていきたいよね」

と和やかな雰囲気のもとそれぞれの考えを話していきました。

こんな風に、少しずつ大人から子どもたちに伝わっていく取組みが増えていったらいいのに。

それに、何気ない日常の中でそれを取り入れる大人たちがいっぱいになればいいのに・・・!

これからも、種まきと水まき活動をしていこうっと♪

子どもたちに伝える知恵と文化

2日(水)梅雨なんて忘れちゃうくらいの天気の中、

隆太郎さんと共に、まちづくり研修に行ってきました!

県職員や土地改良区の人と地元集落の方々がいっしょにまち歩きをして、まちの宝ものマップをつくって、集落の未来ビジョンを語るという内容。

080704018 080704004

舞台となったのは、六日町のとある集落。交通の便がよいのに、自然がいっぱい。四方山に囲まれて、大半の家が農業携わる。

「このままでいい」「今の自然や山を子どもたちに伝えのこしていきたい」という意見がほとんどで、よく中山間地域で聞く過疎化や少子化、農業の後継ぎがいないなどの問題はほとんど聞こえてきませんでした。

住民で自主的にまちづくり活動をする団体が結成され、減農薬の農法を導入したり、フラワーロードづくりやホタルの育成などをして、自然を残す活動に取り組んでいるとか。

豊かな自然と心に基づいた、山の暮らしの知恵や文化が子どもたちや未来の子どもたちにも伝わっていくことを願いました・・・

080704003まち歩きを始めるとこの花←をたくさん発見!

前から気になったいたこの花は「アオイ」というんだと聞きました。

「アオイのてっぺんの実が咲いたら梅雨が明けると言われているんだよ」

「アオイの花びらを上手に咲くと、中がベタベタだから、これを鼻に貼ってトリごっこをして遊んだものだよ」

といろいろと教えてもらいました。

いっしょにまちを歩き、話をして口で伝える。時間と場を共有する中で、知恵や文化は伝わってきて、また伝わっていくのでしょうね~

私は、いったい子どもたちに何を伝えていくのでしょうか・・・うむむ。

自分を裸にする

てんてこまいこが数日続いたため、久しぶりの書き込みになってしまいました(T_T;)

27(金)28(土)日は、

点塾だいがく「考働の実学講座」を実施!

鹿児島、名古屋、福島、新潟からこの日のために、点塾に足を運んでもらいました。本当に有難く、嬉しいことです。

テーマは、未来デザイン。

今回は人数が少なかったこともあり、じっくり一つひとつふりかえりながら進めていきました。

080630025

テーマ設定→一枚の自己表現で感性におとす→理念設定→現状把握→未来予測・・・・という流れ。

グループですすめる人たちと個人ですすめる人に分かれました。

未来デザインは、自分自身に問い、自分を裸にしていくような作業。

モヤモヤと曇っていた空の雲が少しずつなくなり、青空が広がっていくような感じです。

「未来デザインは、怖いよね。後は自分がやるしかないんだもん」と言った人がいたそうです。

自分のやりたいこと、それに近づけるために何に手を打って、どう行動していけばいいかが明確になるプロセス。

あとは、覚悟を決めて、やるしかないんですよね~!

最後は、涙、ぽろりポロリ。

自分と向き合うのは、なかなか辛いこともあります。

私も共鳴して、胸が熱くなりました。

自分と向き合い、自分をさらけだす。

それを、受け止めて包んでくれるのが、点塾の場の力なんですね。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ