« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

秋って命を感じる!

点塾の森が、
美しい瞬間を迎えています。

20091126094421
落ち葉が
赤や黄色、茶色に色づいていました〜

自然て、
なんて多様で、多彩なんでしょうかね。

よく目をこらして見ると、
どれも同じじゃない。
一つひとつ違う命が
集まって大きな命をつくっている。

哲学塾で学んだ二重生命を思い出しました!
20091126094641

「いろり」に向かうと、
なんと風情な様子でしょう♪

レストラン「わ・わ・わ」の後藤さんが
干し柿をつくってくれています。

干し柿って、日本人の知恵、日本人の美意識、日本人の秋の味覚
がつまっていますよね。

愛でながら、
食べごろになるのを待つことにします(^^)/

<まいこみ>

2010につづく点塾講座

点塾祭りな一週間。

先々週から、週末は毎日点塾で過ごしました。

う〜ん、幸せ。

さてさて、2009点塾の講座が無事すべて終了しました。

11月14・15日は、
若者向け「未来づくり講座」を開催。

Dsc_0931
まずは、新潟で、志をたてて、熱く仕事や活動をする先輩方のゲストトーク。

「これだけでも受講した価値があった」と絶賛する人がいたほど、本当に面白いお話でした。

組織の中で生き抜くには
どうして起業したのか
どんな人材と働きたいか

諸先輩に対しての興味はつきませんね。
お忙しいところ、ありがとうございました!

そして、インタビューや個人ワークなどを通して、自分のこれからの生き方や働き方とじっくり向きあった時間。

若者たちの目は、真剣でまっすぐでした。Dsc_0987_2

Dsc_0988
「本当にやりたいことに気づけた」

「漠然としたモヤモヤが整理できた」

「こんなに自分と向き合ったことはなかった」

「自分を知る楽しい時間だった」

と感想をいただきました。

私も、若者の一人として、
一緒になって自分のこれからを考えましたが、
本当に清々しい場で、
心がきよめられた感じがしました。

自分の無知や出来なさをつきつけられる。
自分の大切な考えに気づく。
自分の未来にわくわくする。

そんな一人ひとりの瞬間に、
場を共にできたことがとても幸せでした。

これからも応援隊として、話を聞いたり、フォローしたり、していきたいと思います。

そして、18日は「哲学塾」。

NPO法人場の研究所所長の清水博先生をお招きして、
「生きていく」ことについてお話していただきました。

内容は、とーーーーーっても濃くて、すーっと心に染み入るようでした。

とくに、
「地球という大きな生命体の中に生きている、自分という生命。その2重生命の中で私たちは、命を食べて生きていて、生かされています。その命を自分のためだけではなく、他の命や地球のために活かす命の贈与が必要で、それを贈与循環というんです。」というお話が心に残っています。

自分の命は、自分のものではない。
何か大きなものに生かされている。

その命をどう使うか、どう活かすかが今を生きるわたしたちが考えることではないか。

そんな問いを先生からいただきました。

まだまだいろいろと深くて興味深いお話があったのですが、
近いうちに、博進堂から冊子をつくる予定ですので、
興味のある方は、お楽しみにしていてくださいね〜。

2010点塾の講座もどうぞ、よろしくお願い致します!!!!!

<まいこみ>

おにごっこで知る世界

8日は、あっついほどの秋晴れ。

とやの潟スポーツ公園には、
60名近い子どもたちが集まってくれました〜

Img_2238
まちに待った「超おにごっこ」の日。

小学校にビラを配ったら、
二日であっというに50名の参加申し込みがあったそうで、びっくり!

目をきらきらさせて集まってくれた子どもたち。

広い鳥屋野潟公園をかけっこしながら、
*木の名前を覚える
*水と土の芸術祭の作品を探す
*虫を一匹つかまえる
などなど、たくさんのミッションをクリアしていきます。

「さあ、よーいスタート!」

Img_2269
一斉に走り出しました!!!

鬼は、大人たち。

運動不足の若者や保護者の方、子どもと遊びたい人などいろいろな方が協力してくれました。

Img_2243




とくに若者たちは、容赦しない様子。

「大人をなめたら、あかんぞ〜」
と次々と子どもたちをつかまえていました。

Img_2327 鬼役ではなかった私は、

オプション企画である
「とやの潟昔ものがたり&焼き芋大会」の
スタッフとしてひたすら焼き芋をやく準備。






なんと50本のさつまいもを焼いたのですが、
ダッチオーブンを4つ使うため、スタッフは炭づくりに大忙し。

子どもたちの「おいしいっ」の一言のために、みんなで汗をかきかき焼きました。

焼き上がるまでの時間に、
地域のおばあちゃんたちが語る紙芝居。
とやの潟校でつくった紙芝居が、大活躍です!

Img_2345


屋外の紙芝居は、
かつての空き地のようでしょうか。

少しなつかしい様な雰囲気でした。


Img_2373

さぁ、焼き芋ができあがりました!!!

やったーーー。

ほっくりほかほか。

Img_2384 子どもたちは、笑顔満点で喜んでくれました♪

秋の晴れた日に、みんなで食べる
焼き芋は、おいしいね〜

「おにごっっこ」

という遊びを通して、
どれだけ鳥屋野潟を知ってもらえたか、
感じてもたえたか、

は今はよくわかりません。

でも、いつか鳥屋野潟のことを自分たちの故郷として懐かしんだとき、

この日のおにごっこと焼き芋の味を思い出してくれたら嬉しいなと思います。

★参加してくれた子どもたち
★子どもたちを送り出してくださった保護者のみなさん、
★おにをやってくださったみなさん、
★コーディネーターの隆太郎さん・スタッフの方々、

ありがとうございました&おつかれさまでした!

<まいこみ>

心と身体はいっしょだよ

こんにちは!

点塾の講座の中に、柴田光栄さん講師の「こころとからだのセミナー」というのがあります。
(※来年実施予定あり)

昨年受講以来、氣の世界にはまり、
数ヶ月前より心身統一を目的とした合氣道を始めました!

昨日は、その合氣道道場が主催の氣の講習会に参加。

「心が身体を動かしている」
「まずは、心を落ち着かせることが大切だよ」
「いつでも動ける、氣のでた正しい姿勢を意識しましょう」
「ストレスや辛い事に氣をとられず、自分のやる事に氣を向けましょう」

などなどのメッセージを体験を通して学びました。

氣持ちが沈んでいたり、
氣持ちが浮ついていたり、
氣持ちが落ち着かなかったり、

毎日いろいろなことがありますが、
自分の心に氣をとめて、
相手の心に氣を向けて、生きたいものです。

<まいこみ>

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ