« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

気持ち新たに

今年も残すところあと数日。
この原稿を書きながら、外には小雪がちらついています。
小見さんから、「今年最後の点塾ブログは隆太郎さんで!」
と言われて書いています。

ぼくは文章を書くのが苦手です。
途中から何を書いているのかわからなくなります。
だから毎回、点塾ブログの当番がくると憂鬱になります。
そうも言ってられないので、とりあえず書いてみます。

今年の点塾を振り返っての感想・・・☆

今年は常に新鮮な出逢いがあったように思います。
昨年第一期受講の高澤さんとインターンの菅さんをスタッフにお迎えし、
顔ぶれも新たにスタートしました。
講座中もそうですが、講座後のふり返りも新鮮でした。
いつもと視点が変わるので、あらためて考えさせられることばかりです。

また、二回目の「破」では京都の嘉村さんをお招きし、
いつもとはまったく違った点塾の雰囲気を味わうことができました。
たぶん、参加者以上にスタッフの方が戸惑っていたように思います(笑)
参加者の主体性に委ねるといっても、そのリズムや場のつくり方が
点塾とはまた違って、とても新鮮でした。

それと、第二期生のみなさんの学ぶ姿勢。
本当に真っ白に、講師塾長の話だけでなく、参加者同士の実習・交流の
話の中からも真綿のように吸収していく姿勢には、頭が下がりました。
点塾の魅力は講座のプログラムだけでなく、参加者同士の出逢いもあります。
今年の学び・気づきはとても充実していたように思います。

さて、来年の点塾も気持ち新たに、邁進していきます
変わり続ける中で 変わらない点塾でありたい
変わらない中で 変わり続ける点塾でありたい
そんな想いでおります

今年の成功に驕ることなく、来年も事にあたるように!!
(by 塾長のマネをする隆太郎)

最後になりましたが、今年も点塾を想い、点塾を応援し、気にかけ、
関わってくださった皆さまに心からお礼申し上げます。

今年は悲しいことがたくさんあった年でしたが、来年はまた皆さまと
一緒に良い年にしていきたいと思います。
来年もどうぞ点塾をよろしくお願いいたします。

皆さま良いお年を

Img_0016

雑誌「ファシリテーション」創刊予定!

点塾スタッフのカタダりえです。
新潟もいよいよこれからが冬本番です。
車をスノータイヤに換えて、インフルエンザの予防接種を受けて、備えは万全です。

点塾では、今年も無事に総会が終わり、来年の講座に向けて少しずつ、スタートを切りはじめました。

来年は雑誌「ファシリテーション」を創刊します。
「ファシリテーション思想」を多くの方々に知っていただき、
みんなが花開く世の中にすることが願いであり、祈りです。

編集長はもちろん、点塾塾長清水義晴。
乞うご期待ください!

来年の第三期日本型ファシリテーター養成塾のテーマも決まりました。
10年の継続で500人の日本型ファシリテーターを養成することを目標に掲げました。
この点塾で学ばれ、日本型ファシリテーターとなられた皆さんが
日本の未来を素敵にデザインされるのでしょう!ワクワクしますね。

_3sb9064

◎塾長メッセージ
ファシリテーターは場に寄り添って場の思いを感じ,そこから場に問いかけ、
思いや気付きを引き出すことが役割。
清水義晴

2011年点塾の講座が終わりました!深謝!

スタッフの小見まいこです。

おかげ様で、点塾2011年の講座がすべて無事終了しました!

ご参加いただいたみなさま、
ご支援いただいたみなさま、心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。

最後となった「構造図式未来デザイン講座」は、
一枚のシートで、全体を俯瞰しながら未来デザイン考程を学びました。

_3sb7764

通常の理念設定、現状把握、未来予測、要所解明、方法立案のステップに加え、
コンセプト設定があるのも大きな特徴の一つです。

新しい概念をあらわすコンセプトが生まれたときは感動とワクワク感でいっぱい。
どの参加者の方のコンセプトも新しさとその人らしさが表れていました。

コンセプトの重要性が改めて府に落ちるとともに、
未来デザインの威力を再確認した講座となりました。


来年の講座に向けて、
今企画を考えている最中です!

2月には発表できると思いますので、
もうしばらくお待ちくださいませ。

来年も何卒、よろしくお願い致します(^^)/

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ