« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

新しいつながりと情報を生み出す思想と技術とは

こんにちは!点塾スタッフの高澤です。
今週の新潟は、朝、仕事に向かおうとすると、
とめてある車が少なからず雪に埋もれている…そんな毎日です。

最近感じていること。

昨年、あの震災の発生、そして復興の動きの中で、
そしてfacebookというツールの登場を経て、
「つながり」を大事にしようという価値観が、
言葉のうえでも、世の中の動きを見ても、一気に浸透しています。

「つながる」ことで、自分の居場所が見つかる。
その感覚の心地よさは、誰しもあります。

ただ同時に、「個」としての意思、
自分の中にしかない経験、価値観、そしてビジョンを自分自身に問うことを、
忘れがちになります。

最近、私は「インタビュー」を始めました。

今、私が関わっている本屋・ツルハシブックスでは、
多くの大人から自分の読んだ中で思い入れのある本を提供してもらい、
それを10〜20代の若者が“発掘”する、古本コーナーがあります。

そこで、本を提供して下さった方へのインタビュー。
なぜその本がおススメなのか?というところから始まって、
最後に聞きたいことは、一つ。
「あなたが今まで、大切にしてきたものは何ですか?」

誰しも、そこに自分という人間の歴史があり、ストーリーがあります。
その目に見えない部分を共有した時に、
目の前の一人への共感とリスペクトが生まれ、
そこでこそ「つながり」が本当の力を発揮していく。

昨年、清水塾長がお話された“連帯自立”というキーワードの意味を、
最近、改めて噛みしめています。

点塾には、この、
「自分に問う」「目の前の相手に問う」「場に問う」、
そしてそこから「新しいつながりと情報を生み出す」。
その全ての思想と技術が詰まっています。

点塾「日本型ファシリテーター養成塾」も、来年度で第3期。
今回は、まだ見ぬ参加者の皆様と、
どんな時間を紡ぐことになるのでしょうか。

間もなく募集が始まります。

日本型ファシリテーター養成塾のチラシ完成間近!

こんにちは!
点塾スタッフの小見まいこです。

今日は大寒。一年で最も寒い季節ですね。
わが家は湯たんぽが欠かせない毎日です。

さて、もうすぐ「日本型ファシリテーター養成塾第三期」のチラシができあがります!
みなさんのお手元には、2月中頃にはお届けする予定ですし、
このブログでも紹介致します。

Enimage1326961674946_2

それに合わせて、
「日本型ファシリテーター養成塾第二期」の学びの記憶アルバムも製作を進行中。
写真を見ながら、「あんな言葉が生まれたな」「ここで盛り上がったんだよな」と
一年間の学びが鮮明に蘇っています。
二期生のみなさん、どうぞお楽しみに!

今年はどんな出会いとドラマが待っているのか?!
今からワクワクくしています。

第三期の日本型ファシリテーター養成塾も
どうぞよろしくお願い致します(^^)/

2012年テーマは「和の心と場の力」

 明けましておめでとうございます。

 点塾も張りつめた冬の空気の中で新年を迎えました。今年の日本型ファシリテーター養成塾は三期目となりますが、テーマは「和の心と場の力」ということになりました。日本の伝統文化である和の心が場の力を引き出し、場の力がまた和の心を育むと考えています。

 それはファシリテーションの成果とも言えそうで、「和の心と場の力」についてご参加の皆様と深く広く考えてみたいと思っております。今年はどんな出会いが待っているのか、森の点塾で楽しみにお待ちしております。

清水義晴

Img_0480


« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ