F理論

409

410

4月から縁あって博進堂の社員となりました隆太郎です。

点塾ぶろぐだけを見ると忘れがちですが、博進堂は印刷会社です。

今はまだ新入社員として、アルバムの基本知識や

営業をはじめとした各部署の仕事を教えていただいています。

今年の新入社員研修の中に「F理論」を教えていただくコマがありました。

F理論とは点塾を設立した藤坂先生が残されたアルバムづくりの思想と技術の総称のことです。

先輩方から大切な考え方を教えていただき、アルバムのレイアウト実習もしました。

ものづくりもワークショップも同じ。

何のため、誰のためにつくるのか、

レイアウトもただの羅列ではなく、リズムが大切。

一つひとつの写真に思い出があり、全体としても学校アルバムという一つの作品として調和している。

言葉で書くのは簡単ですが、レイアウト実習は苦戦しました。

まだまだこれから、一つずつ身につけていきたいと思います。

写真で綴る、新潟の今昔

隆太郎です。

今週末20日(日)に所属しているNPO法人まちづくり学校の
10周年記念フォーラムがあります。

そこで、NHK放送「ブラタモリ」のプロデューサーをお迎えして
「ブラニイガタ」と題して古町でまち歩きを行ないます。
http://www.machikou.com/

自分の担当は「古写真を片手にブラり、写真で綴る古町今昔」コース。
そこで博進堂さんが昭和54年に編集・印刷に携わった「新潟の今昔」
アルバムをお借りしました。
そこには明治〜大正〜昭和の新潟の風景が映されています。
自分が生きた時代でなくとも、自分が暮らすマチのかつての情景には
感慨深いものがあります。
時代を感じさせる街並み、市場や店の看板、道行く人たちの賑わった表情、
様々な場面からマチの記憶を読み取ることができます。

Photo

マチにはそれぞれ、後世まで残していきたい歴史がある。
いや〜、アルバムって本当にいいものですね。

※博進堂アルバムの宣伝ではありません。
 (でも、博進堂のアルバムは素晴らしい)
※ブラニイガタの宣伝ではありません。
 (しかし、席にはまだ空きがございます)

<りゅうたろう>

親子におすすめイベント!

みなさま、こんにちは!

点塾とは直接関係ありませんが、
事務局の隆太郎さんが関わっているイベントのご案内です。

ブースでは点塾の定番プログラム「コラージュ」などもやりますし、
古絵本のかえっこなどもするようです!
楽しそう〜♪

興味のある方は、ぜひ足をお運びください!


――下記、ご案内になります。(転送大歓迎!)――

子どもと絵本に触れる「読書フォーラム」を県子ども会連絡会、おやこ劇場、
子育て・読み聞かせ団体の方々と一緒に企画・運営しております。
会場は新潟小学校すぐそば、大畑少年センター。
当日は大人も子どもも楽しめる内容になっております。
おおたかさんのコンサートや、出展ブースではおやこ劇場さんやTOSSさんじょうさん、
子育てのNPOなど、様々な切り口で絵本の楽しみを体験できるブースが出ます。
また、古絵本の替えっこコーナーなどもあります。
ぜひとも、お時間ありましたらご参加ください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
新潟県子ども読書フォーラム「絵本とともに!」
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■日程:2011年1月30日(日) 10:00〜16:30
■会場:大畑少年センター(新潟市中央区東大畑通2番町376)
■参加費:子ども→0円 大人→500円
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■内容
10:00〜11:30
 ▽絵本作家 田島征三氏講演会/大人対象
  「本」に関わる心ある有志(個人・グループ)を対象に、
  アーティストの作品としての絵を制作者自身からその魅力を語っていただく。

13:00〜15:00
 ▽市民団体によるブース出展/子ども対象
  新潟県内で活躍している様々な個人・グループによる、
  気軽に子どもたちが立ち寄れる楽しいブース。
  読み聞かせ・開き読みを楽しむコーナーや絵本をモチーフにした工作、
  おすすめ絵本図書館など、様々な絵本の楽しみ方を体験できる。
  また、大きくなって読まなくなった絵本の替えっこコーナーもあります。
  おうちにある絵本をご持参いただければ、ポイントと交換します。

15:30〜16:30
 ▽ボイスパフォーマー おおたか静流氏コンサート/子ども対象
  NHK教育テレビ「にほんごであそぼ」で楽曲提供及び歌唱担当。
  創作絵本『でんでら竜がでてきたよ』をモチーフにした「でんでらりゅう」が
  遊び歌としてスマッシュヒット、全国の子どもたちの間で広く口ずさまれるている。
  幼児と小学生(特に低学年)を対象にした楽しい「日本語」の時間とする。

主催:新潟県子ども読書フォーラム実行委員会
お問合せ:子ども劇場おやこ劇場新潟県センター内
     新潟県子ども読書フォーラム実行委員会事務局(開局:月〜金10時〜17時)
     事務局長/柳弘紀(子ども劇場おやこ劇場新潟県センター代表)
          tel:025-264-7060   fax:025-264-7061
          mail:higurashisha@mse.biglobe.ne.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――


植松努さん講演会「夢をあきらめないたった一つの方法」

小見さんが新婚旅行中のため、ひさしぶりにりゅうたろうが更新します

北海道の片田舎、たった20人の町工場がNASAと一緒に宇宙ロケットの無重力実験を行なっています。
「『どうせ無理』、こんな言葉が今の世の中あちこちから聞こえてくる」と植松電機専務の植松努さん。
「『どうせ無理』、この言葉ほど人の心を、特に子供の心を殺してしまう一言はない。
未来を担う子供たちのために「どうせ無理」を世の中からなくしたい。
それなら、「どうせ無理」だと思われていることを、北海道の片田舎にある町工場がやってやろう」
植松さんは、そんな想いをこのロケット事業に託しています。

新潟小学校のPTA有志をはじめとして、新潟県職員や中小企業家同友会、社会人や学生さんなどで実行委員を立ち上げ、そんな植松さんをお招きして講演会をします。
日にちは10月16日。会場は新潟小学校です。
詳しくはこちら↓
http://yumejitu.com/

大切なことが何なのかを忘れてしまいそうな忙しい日々
一緒に"夢"について考えてみませんか?

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ