2012年テーマは「和の心と場の力」

 明けましておめでとうございます。

 点塾も張りつめた冬の空気の中で新年を迎えました。今年の日本型ファシリテーター養成塾は三期目となりますが、テーマは「和の心と場の力」ということになりました。日本の伝統文化である和の心が場の力を引き出し、場の力がまた和の心を育むと考えています。

 それはファシリテーションの成果とも言えそうで、「和の心と場の力」についてご参加の皆様と深く広く考えてみたいと思っております。今年はどんな出会いが待っているのか、森の点塾で楽しみにお待ちしております。

清水義晴

Img_0480


雑誌「ファシリテーション」創刊予定!

点塾スタッフのカタダりえです。
新潟もいよいよこれからが冬本番です。
車をスノータイヤに換えて、インフルエンザの予防接種を受けて、備えは万全です。

点塾では、今年も無事に総会が終わり、来年の講座に向けて少しずつ、スタートを切りはじめました。

来年は雑誌「ファシリテーション」を創刊します。
「ファシリテーション思想」を多くの方々に知っていただき、
みんなが花開く世の中にすることが願いであり、祈りです。

編集長はもちろん、点塾塾長清水義晴。
乞うご期待ください!

来年の第三期日本型ファシリテーター養成塾のテーマも決まりました。
10年の継続で500人の日本型ファシリテーターを養成することを目標に掲げました。
この点塾で学ばれ、日本型ファシリテーターとなられた皆さんが
日本の未来を素敵にデザインされるのでしょう!ワクワクしますね。

_3sb9064

◎塾長メッセージ
ファシリテーターは場に寄り添って場の思いを感じ,そこから場に問いかけ、
思いや気付きを引き出すことが役割。
清水義晴

ニュースタッフの紹介!

こんにちは!
点塾・新米スタッフの高澤です。

_3sa7700

先回このブログで紹介された「日本型ファシリテーター養成塾」。
私もスタッフとして参加していましたが、
全国から集まった参加者に負けず劣らず、私自身もたくさんの気づきがありました!

「ファシリテーターの役割」とは?
そんなことを考える中で、出てきた一つの自分なりの視点。
それは、
「今、そこで起こっている場の流れ・人の想いに、誰よりも全身全霊を傾ける存在」であること。

当たり前のことのようですが、
事前に「完璧に準備すること」で安心していたり、
常に「落としどころ」みたいなものをその最中に考えてばかりいると、
この“当たり前”が疎かになってしまいます。

準備もしっかりし、その後の流れももちろん考えたうえで、
そこでは「場」のみに集中する。
先入観にとらわれず、答えに予断をもたず。
新しく、そこから生まれるものにワクワクしながら。

…気付いたはいいものの、それを実践するのがまた難しい。
日々、精進ですね。

福島県へ届けよう!「救援物資バックアップセンター新潟」

スタッフの隆太郎です。

お世話になっている新潟NPO協会さんが被災地への支援として
「救援物資バックアップセンター新潟」を立ち上げられました。
ここに情報共有させてください。

バックアップセンターは点塾すぐそばの弁天線を挟んで向こう側、
日本自然環境専門学校の古民家です。

1

↓以下、NPO協会さんからの転送文です。

新潟NPO協会では、有限会社 会津食のルネッサンス(福島県会津)と
市内運送会社、日本自然環境専門学校校長の五十嵐實先生からご協力いただき、
新潟から会津を経由して福島県内の避難所へ救援物資を送る
拠点とルートの確保をいたしました。
4月中旬までの一か月間という短期間ではありますがスピード感を持って対応し、
1日も早く皆様の気持ちを現地に届けたいと思います。
皆様からのご協力よろしくお願いいたします。
なお、募集する物資は現地のニーズを聞きつつ、週ごとに情報を更新していきます。

会津経由で福島県内の避難所へ送る、
救援物資提供のお願い、第3弾が始まりましたので、
ご案内させていただきます。

現在TVなどのメディアにより、仮設住宅の建設や、
物資が行き渡り始めているニュースが増えております。
ですが、ニーズは変われど、今だ支援を必要としている人が沢山いらっしゃいます。

引き続き、ご支援・ご協力いただければ幸いです。
なお、活動の様子は以下ブログにて発信中です!

【救援物資バックアップセンター新潟】
http://blog.canpan.info/backupniigata/

●●● 小口・少量の物資も受付「バックアップセンター」〜第3弾〜 ●●●


<< 3月29日(火)〜 4月5日(火)まで >>

◇募集している物資
----------------------

1.保存がきき、ダメージを受けにくい野菜や果物
  (大根・ジャガイモ・人参・リンゴなど)
2.保存食であり、直ぐに食べられるもの
  (ふりかけや梅干し・カップラーメン・味噌汁・缶詰など)
3.お米(精米済みや無洗米のもの)
4.日用消耗品(タオル・粉ミルク・オムツ大小・生理用品・石鹸など)

※いずれも少量から受け付けます。


◇受付先および方法
------------------------

◇◆◇直接お持込みの場合◇◆◇
午前9時〜午後6時まで受け付けています。

 <物資受付先>
  950-0925 新潟市中央区弁天橋通1−8
  日本自然環境専門学校


◇◆◇郵送する場合◇◆◇
「受け取り時間指定 午前9時〜正午」とし、送料は各自ご負担ください。

 <物資送付先住所>
  950-0925 新潟市中央区弁天橋通1−8
  日本自然環境専門学校内 
   「救援物資バックアップセンター新潟」 会津食ルネ宛
  �:080-1210-2125


※出来るだけ仕分けして箱で送って下さい。
こちらでも対応しますが、運送の都合上箱が欠乏中です。


◇お問合せ
--------------------
  NPO法人新潟NPO協会
  950-0994 新潟市中央区上所2−2−2新潟ユニゾンプラザ1F
  �:080-1210-2125(物資受付ダイヤル)

  東北関東大震災 支援特設サイト
  http://nponiigata-jishin.blogspot.com/

ご協力の程、よろしくお願い致します!!

<りゅうたろう>

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ